うつを再発しないために。復職前のチェックポイント

うつ・休職・復職体験談

今日は復職して7か月が経ち、すっかり寛解した実感が出てきたので、私の体験談から復職を成功させたポイントを纏めたいと思います。

体験談はこれでそろそろひと段落の予定です。

専門家ではないので、確実にこれさえクリアしていれば絶対大丈夫!って言えるものではないと思いますが、選択肢の一つとして何か一つでも参考になったら嬉しいです!

ストレッサー(ストレス源)は解消していますか?

  • 上司からパワハラを受けているなら、その上司とは今後関わらずに復職できますか?
  • 業務量が多すぎたのなら、減らしてもらえていますか?
  • プレッシャー過多であれば減らす対策は取られていますか?また、現実的にその対策はとれそうですか?
  • 職場風土と合わなかったのなら、職場異動できそうですか?また職場異動で解決できますか?(社風と合わない場合はさっさと損切して転職がいいです。だってあわないのだから。)

・・・結局、一度辛くなった環境では、結局またうつが再発してしまう事は想像に難くないです。

特に人からの影響が原因の場合、人は変わらないです。自分もなかなか変えられない事からも解る事ですが、大人になっても嫌な奴は嫌な奴のまま。変わらない。

 

ストレッサーはあなたのエネルギーを吸い取ってしまう、エネルギーヴァンパイアなのです。

危険!!なので、そんな人・職場からはさっさと逃げる、これが一番です。

自分のストレス対処スキルは向上していますか?

休職に至る前と同じような装備(ストレス対処スキル)では復職しない方が良いです。

ストレッサーが無くなっているからとは言え、復職時にかかるストレスは思ったよりもありました。

  • 復職っていうプレッシャーのかかるライフイベント
  • 通勤
  • 定時までずっと仕事をする事
  • 新しい人間関係
  • 新しい仕事

 

私は上記4つは色んな意味でストレスだったと自覚しています。

頑張っちゃってる自分がいたので、帰宅後すごく疲れていました。

自分が心地よくなるセルフケア(ヨガ・ストレッチ)や、眠れないとき用の睡眠導入剤、

しない家事など、休職中にとことん自分の負荷を下すスキルを身に着けました。

また、自分の心を整理するために、マイノートを書く、日記をつける(感情のモニタリング、アウトプット)、不安を手放す方法、、など復職までに、自分にストレスコーピング技術を染み込ませました。

これは、自分のお守りですし、自信にもつながります

休職前と同じストレス対処スキルでは心もとないので、

ちょっと多めに武器(セルフケア・ストレスコーピング技術)を仕込んでおきましょう。

アサーションスキル(うまいこと自分の意見を伝える技術)を学んでおこう

うつになるほど追い詰められる人って、多分自分の意見をはっきりキッパリ言うタイプの人って少ないと思うのですよね。

自己主張よりも相手に合わせることを選ぶタイプが多いと思うのですが、自分の意見を無視してばかりだと、自分の希望すらもわからなくなるんですよね。

これってかなり危険だと思うのですよ。またいつの間にか”うつ”がすーっと寄ってきてしまうような気がします。

だからって、いつも自分の意見を通し続けるのも人間関係悪くしますよね。

だから、上手い事自分の意見を伝えるアサーションって本当に大切なスキルだと思うのです。

↓アサーションって何?って方はこちらの記事読んでみてください。アサーション記事へのリンク

まとめ

休職中にしっかり自分と向き合い、

  • 何が辛かったのか
  • どうなれば自分はもう追い詰められないのか
  • 無理のない解決策が実行できるか

ここはクリアにして、復職前に主張しておく必要があります。

わがままなんかじゃないです。誰しも色々な価値観があります。

十人十色の価値観と考え方なのです。

人は誰しも、その人らしく生きる権利、価値があるのです。(いきなりw)

自分の事をないがしろにして居ては、いつまで経っても同じことの繰り返しです。

いいように扱われ、ボロボロになるまで使われ、使えない扱いなんて自分がかわいそうです。

まずは自分から、自分の希望を聞いて、大切にしてあげませんか?

 

もし私でよければ相談にのります。あなたの復職(転職!?)がうまく行くことを祈って!!

 

タイトルとURLをコピーしました