コロナ在宅を機に見えるもの。かえる、かわる。働き方。

リワーク

こんばんは。Sooです。

コロナウィルスによる緊急事態宣言で、日本中が一気に#Stay homeになりましたね。

今日は、コロナの脅威からすこし視点を変えて、このコロナウィルスによる在宅勤務化で何が変わっていくのか、今後どういう方向にシフトしていくのか、について妄想してみたいと思います。


ヨガもオンラインがめっちゃいいって最近勝間さんが力説してた。

 

完全なる雑談記事です。笑

日本全体のホワイトワーカーが一気に在宅する、という変化がまさかこようとは・・・。

でも、今まで限定された人しか使っていなかった在宅勤務。これを機にみんなが使って絶対上司の理解や利用促進が1000倍のスピードで進むと思うよ

コロナと共存する時期が来たら、人間関係に疲弊している現代人には特にうまく使ってほしいよね

在宅勤務の問題点

実際2週間在宅勤務をしてみて、問題点だと思った事は・・・

・ちょっとしたコンタクトが取りづらい
・同僚の状況が見えづらい
・プライベートと仕事の境界があいまいになりがち
・紙→オンラインの移行急務
・一気に在宅でネットを使うので、ピークタイムはネットワークが使えない
・出勤者に雑用の負担が偏る

やっぱり相手が見えない分、連絡する時間とか、電話するほどまではないちょっとした相談などがネックに感じました。

チャットもネットワーク混雑で全然使えなかったり・・・。
今回一気に在宅でネットワーク回線がひっ迫しちゃったので仕方ない事だとは思うのですが。

これが長期化して教育が入ってきたら、モバイルから接続しているNTT回線は持たないだろうな~と思っちゃいました。

でもいい面の方が多いぞ

・通勤時間がない
・満員電車に乗らなくていい
・すっぴんパジャマOK(職種によると思うけど)
・合間の休憩で家事も進む。夜にゆとりができる
・電話応対や対応業務の雑用がないので集中できる
・体力を使わないので、あれこれ考える余裕ができる
・こどもの様子を見ながら仕事ができる
・オンライン化によって入力作業などの効率化・省人化
・嫌な人に会わなくて済む、気を遣わなくて済む(HSPさんにはとてもメリット)
・好きな音楽やアロマ、飲み物など、好きにリラックスして取り組める

半分在宅なんかを取り入れるフレキシブルさも出てきそうですよね。
共働き家庭には追い風になりそうだな~!

独身者やDINKS家庭にも、より自分のLIFEを充実させるツールとして、みんなで使っていくように制度を作って、使っていきたいですよね!

今日は子どもの習い事の送迎がっ、って時や、学童のない学年の小学生の親御さんなんかは、部分在宅なんかもいい選択肢になる気がします。

今後の在宅ワークの活用方向性を妄想してみる

時短がとれない子どもの年齢でも、フォローや親の目が欲しいって時に午前中は出社、午後は在宅みたいな働き方もいいな~なんて思っています。(ママ的意見)小4の壁も低くなるかも!続けやすくなりますね!

  • ”ストレス源って殆ど対人関係”な事を考えると、在宅で一時避難みたいな感じにもできそうですよね。
  • 正社員、派遣社員、契約社員、などに加えて、在宅社員なんてのもできそうな気がしますね~。
  • オフィスもフリーアドレスと在宅で小規模で済むかも。
  • レンタルスペース事業、くるかもしれない。
  • ティール組織化が進みそう
  • 管理職の技量や器によって理解がわかれそう
  • 隠れ残業取締りが大変そう
  • サボってるマンの取締りは無理
  • 子どもの就職時、在宅できる仕事を勧めそう・・・・などなど。

 

今後、働くと生活するがより密接になりそうな予感。

何も決まってないからこそ、頭をやわらか~くして使い方を考えて提案していけば、会社での制度化に合わせて上手く意見を取り入れてもらえるかもしれないと思っています。チャンス!

仕事の合間にアイディアをストックしておこうと思います。

皆さんもアイディアあればご意見おまちしてます~!


アフターコロナにサッと行動できるよう、今は準備期間。
タイトルとURLをコピーしました