私が出会ったいい言葉【視野を広げてくれる言葉編】

メンタル知識

今日は、私がこれまで出会ってきた”言葉”をご紹介しようと思います。

言葉には力があります。ご紹介するのは、【視野を広げてくれる】ような言葉です。

今まで私の目にとまった言葉たちが何かのお役に立てたら嬉しいです。

何拾った?

出展元を覚えていないのですが、、、とても印象的でしたのでご紹介します。

小さい頃、転んだ時に祖母が掛けてくれていた言葉。

「転んで、痛かったね。大丈夫?

・・・それで、何拾ったんだい?」

私はえらい哲学的だな。子どもには難しいかも?と思いました。

でも、物事の本質をとらえたいい言葉だと思ってとても気に入っています。

 

転んだら、痛い。

でも、転んだからにはそれなりの理由がある。

それを見つけて、失敗から何かしら学んでいきなさい。

そういう思いが詰まった言葉ですね。

タイミングがある

インスタで見つけた言葉。調べてみると田口久人さんという方の言葉です。

タイミングがある

人生にはタイミングがある

逃すことがあれば

捕まえられることもある

遅かったのか早かったのか

その時にはわからない

時に迷うかもしれない

一度選んだなら覚悟すること

あとはその選択を

正解だったと思えるように

行動するだけ

一番よくないのは

何も選ばずに何もしないこと

二度とタイミングを逃さないように

20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則 [ 田口久人 ]

こちらの本に掲載されているようです。

思い通りに行かない時に見返すようにしています

今じゃなかったんだな。今は自分が決めたことに一生懸命になろう。

そう考えられるようになりました。

無理しない

これまたインスタの検索画面でふと見つけた言葉。

弱いから 壊れるのではなく

無理するから 壊れていく

みんなが頑張っていても 焦らなくていい

頑張ろうとしているなら 頑張らなくていい

自分が思っているよりも

志も体も疲れている

失ってから気づかないように

自分を守れるのは自分だけ

これも田口久人さんの言葉です。

そのままでいい 100万いいね!を集めた176の言葉 [ 田口 久人 ]

感想(30件)

無理をしていることに気付かなかった結果が休職ですからね・・・汗

復職後はしっかり自分を守りながら仕事していきたいと思っています。

見直すことの大切さ

これは家計簿を続けられない時に見つけた家計管理本の言葉。

でも、これって人生にも当てはまるなぁ。。。と思ったのでご紹介しますね。

大切なのは記録ではなく「見直し」

「見直し」によって行動を変える事。

・・・グサッ。笑

myノートでも見直した時にマーカーを引いていたので、実感していた模様。笑

 

上手く行かない時って、タイミング、手法、相手のどれかが違う時なのですよね

よくよく見なおして、どれが悪かったのか一旦考えるようにしています。

タイミングだなと言うときには、上の【タイミングがある】の精神でちょっと保留にします^^

【対話】の重要性

こどものお便りのインタビュー記事にこんなものがありました。

テーマは【多様性の中で埋没しない力を学ぶ】だったのですが、、、

1人では狭い視野も複数の人が集まって【対話】することで視野は広がります。

自分が知っていることの外側を見るようにすることが第一歩となります。

京都大学総合博物館准教授の塩瀬隆之さんのインタビュー記事からの言葉です。

ついつい、自分が知っていることで考えて結論を出しがちなのですが、自分が知っていることの外側を知ろうとしてみると判断の視野は広がりますね。

狭い自分の世界だけではなく、時に誰かの力を借りて視野や世界を広くすれば、

もっと生きやすく、もっと自由で優しい世界があるんだなと実感しています。

 

まとめ

いかがでしたか?

何か一つでも心が軽くなる言葉があれば嬉しいです!

また良い言葉ストックから次のご紹介をしたいなと思います。

 

【広告】

 

 

タイトルとURLをコピーしました