うつで休職からの復職支援へ。リワーク①初回面談・性格検査(TEGⅡ)

リワーク①初回面談と性格検査 リワーク

各県に設置されている独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構のリワークを検討している方にどんな風に進むのか知ってほしいので記事にしていきます。

各センターによって支援内容が少し違うので全く同じではないかと思いますが、

ざっくりこんなことをするんだな~と参考になれば幸いです。

 

 

リワークの流れ

私の通うリワークでは、下記の流れで進んでいきます。

  1. 申し込み
  2. 面談や精神検査(1か月・4回通所)
  3. 体験プログラム(1か月・基本毎日通所)
  4. 本支援プログラム(1~2か月・毎日通所)

スタートすると、4か月ほどで復職という流れになります。

 

面談や精神検査ってどんなことをするの?

面談とか精神検査って私大丈夫なんかな・・・と少し不安もありましたが、

支援の方向性を決めるために、自分のことを分析してもらう良い機会だと思いました。

ここは素直に自分をさらけ出して、自分にフィットする支援をしてもらえるようにしていきたいですね。

 

初回はどんなことをするの?

予定時間1時間。

初回の説明では10人ほどでしょうか。

リワーク同期となる人たちと一緒に説明を受けました。

①全体で当日の流れ・次回までの宿題と性格検査・TEGⅡのやり方の説明を受ける

②TEGⅡをやりながら交代で面談

③面談

面談ではTEGⅡ回収、体調の確認と今後の実施項目とスケジュールの説明、質疑応答

④TEGⅡ・面談が終了した人から解散

TEGⅡとは・・・

新版TEG II (Tokyo University Egogram 東大式エゴグラム New Ver. II)は、アメリカの精神科医バーン(Berne.E)の提唱した交流分析(Transactional Analysis : TA)理論に基づいて、東京大学医学部心療内科TEG研究会が開発・作成した53問の質問項目からなる性格検査です。

  • エゴグラムはエゴ(ego)、つまり自我の状態を数値に置き換え、わかりやすくグラフ化したものです。
    「コンピューター採点」「自己採点」が選択できます。

  • 53の質問項目に「はい」「いいえ」「どちらでもない」で回答するので、受検者への負担がかかりません。
  • 集団検査、個人検査どちらでも実施できます。

 

 

○新版TEG II からわかること

 

新版TEG II は、交流分析理論に基づき、人が持っている“5つの心“の強弱から自己理解を深めます人の性格の善し悪しを測るものではありません。

「5つの心」とは

CP(Critical Parent)批判的な親

責任感が強い、厳格である、理想をかかげる、といった特徴と関係があります。

 

NP(Nurturing Parent)養育的な親

思いやりがある、世話好き、受容的である、といった特徴と関係があります。

 

A(Adult)大人

現実的である、冷静沈着である、客観性を重んじる、といった特徴と関係があります。

 

FC(Free Child)自由な子ども

感情をストレートに表現する、明朗快活である、創造的である、といった特徴と関係があります。

 

AC(Adapted Child)順応した子ども

他者を優先する、遠慮がちである、人の評価を気にする、といった特徴と関係があります。

 

  • エゴグラムにより、ビジュアルで分かりやすく受検者の特徴をとらえます。エゴグラムとは、人の観察可能な行動(言語、声音、表情、ジェスチャー、姿勢、行動)を5つの自我状態に分類し、それらのエネルギー量(発生頻度)の高低を棒グラフで示したものです。

 

  • 自分の性格特徴や行動パターンに気づき、今後の自己成長をはかる手がかりとして利用できます。また他者との違いに気づいたり、周囲とのコミュニケーションスタイルを見直すきっかけとしても利用できます。

Saccess Bell より引用

 

 

宿題の内容

  • インテークシート「休職について」
  • 「M-ストレス・疲労アセスメントシート」
  • 「週間活動記録表」

とこの3つを宿題として記入してくるように指示が出ました。

これについては次の記事で詳しく記入していきます。

内容をコピーしておけばよかった・・・(TT)

初回の感想

面談では本当にサラっと終わりました。拍子抜け!

次回以降の日程とかが分からず、スケジューリングしづらかったのですが、

やっと日時が確定してほっとしました。

 

性格検査、TEGⅡは、以前会社の研修で受けたのを思い出しました。

今の自分がどういう性格を持っているのか、というのが視覚的な割合理解できるもんやなって納得しました。

こうだから良い、こうだから悪い、ではなくて、持ち合わせた自分の性格を知って、

今後の対処に生かしていきたいですね^^

 

所要時間は結果35分ほどでした~。面談の順番が早かったからかな。

 

次回に続きます

 

 

タイトルとURLをコピーしました